会社情報

ごあいさつ

産業材でくらしを支える

三井化学産資(株)は1964年の創立以来、三井化学グループの材料と技術を活かした製品・システムを提供し、総合産業資材会社として社会に貢献してまいりました。
昨今、気候変動、大規模自然災害頻発といった大変深刻な問題が顕在化している中で、 「防災」・「減災」に貢献できる製品の開発を進めており、着実にお客様のご評価を得ております。また、道路等インフラ及び建設資材の長寿命化、並びにエネルギー関連資材の開発にも取り組んでおります。
当社は、SDGsやESGを経営指針の中核に据え、「安全なくらしをまもる」「快適なくらしをつくる」「未来のくらしへつなぐ」製品・システムの創出、安定供給をとおして、「産業材でくらしを支える企業」として、豊かで持続可能な社会づくりに貢献していく所存でございます。
今後とも引き続き変わらぬご支援、ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長橘 明宏

会社概要

商号 三井化学産資株式会社
設立 1964年(昭和39年)10月1日
資本金 4億円
株主 三井化学株式会社(100%)

事業内容

  1. 合成樹脂製品の製造、加工及び販売
  2. 土木資材、建築資材及び配管資材の製造、加工及び販売
  3. 前各号の事業に附帯関連する一切の事業

沿革

三井石化産資株式会社
1964年 10月 東京ポリマー(株)として設立/資本金1億円
埼玉工場にてネトロン®の生産を開始
1965年 4月 大阪営業所開設
9月 資本金2億円に増資
1967年 2月 本店を三信ビルに移転
福岡営業所開設
1972年 5月 仙台営業所開設
6月 名古屋営業所開設
1973年 3月 久喜工場用地を取得
1986年 10月 本店を上野THビルに移転
12月 テンサー、シリカル事業を開始
1990年 7月 日本テンサー(株)を設立/資本金1億円
1992年 10月 仙台・名古屋・大阪・福岡の各営業所を支店に昇格
1993年 10月 商品技術研究所を開設
1999年 7月 関越営業所開設
三井東圧建設資材株式会社
1995年 4月 三井東圧化学(株)の土木建設資材部門が分社化し、三井東圧建設資材(株)設立
三井化学産資株式会社
2000年 10月 三井石化産資(株)と三井東圧建設資材(株)が合併、三井化学産資(株)として発足
2001年 9月 埼玉(久喜)新工場・事務所完成
2004年 3月 サンテクノケミカルズよりノンロット事業を承継
2008年 4月 三井化学より管材事業を承継