浜崖後退抑止工

ジオチューブDSによる浜崖後退抑止工は、サンドパックと養浜により浜崖の後退を防止、または抑止する工法で、浜崖の後退を抑止することで背後の砂丘が持つ自然の堤防機能を保全します。

特長

  • 砂浜に馴染む景観とすることが可能です。
  • コンクリートブロック護岸工に比べ、施工期間が1/4程度と短く、早期に効果を発現できます。
  • コンクリートブロック護岸工に比べて施工面積が小さく周辺環境への影響も最小限にできます。
  • 大型土のうに比べて耐久性が高く、波浪安定性も大幅に向上します。
  • 袋材に現地の砂を充填しているため、解体・撤去が容易です。

使用例

工法使用製品

ジオチューブDS

ジオチューブDSは、高強度のポリプロピレン製織布を基布としたチューブ状の袋材と、袋材を摩耗や紫外線から守る外側シートの二重構造としています。