三井化学産資株式会社
製品情報
ポリエチレン管 ジオシンセティックス グラウト材 防食材 住宅資材 シリカル
工事・工法種別 会社案内
トップページ工事・工法種別架橋ポリエチレン配管システム
給水給湯・スプリンクラー メニュー
工事・工法種別一覧
架橋ポリエチレン配管システム
三井化学産資の架橋ポリエチレン配管システムには、マンションや戸建住戸内の給水給湯配管システム「エルメックス®」、オフィスビル・商業施設ビルやマンション向けの消火配管システム「エルメックス-SP®」があります。

三井化学グループの樹脂技術をもとに開発された二層架橋ポリエチレン管と電気融着継手は、信頼性の高い配管システムとして、様々な建物で採用されています。
●給水給湯配管
マンションや戸建住宅の給水給湯配管に、架橋ポリエチレン配管システムが採用されています。エルメックス分岐配管システムは可撓性樹脂管特有のさや管ヘッダー工法とは別に、水道業界のニーズに応え、従来配管(VLP配管、HIVP管、銅管)と同様の分岐工法によるコンパクトな配管システムで、接合部の信頼性を大幅に向上させました。

特長
  1. ライニング鋼管、塩ビ管、被覆銅管など一般の分岐配管設計図がそのまま流用でき、配管がコンパクトになります。
  2. 接合は電気融着工法のため、ねじ切りやろう付けといった専門的技術を必要とせず、「20秒〜60秒の融着時間」+「3分間の冷却時間」で接合完了です。
  3. さや管ヘッダー工法と異なり、ヘッダーや水栓ボックス、さや管などの特殊部材を使用しないうえ、継手の数も減らせるので、部材費の削減を図れます(当社比)。
  4. あらかじめ工場で組み立てた配管ユニットを現場で敷設する「プレハブ工法」を採用することで、接合部の信頼性が向上し、工期短縮によるトータルコスト削減が図れます。
エルメックス特設サイト

●スプリンクラー用消火配管システム
三井のスプリンクラー用消火配管システムは、金属管やフレキ管が使用されていた枝管および巻出し配管を、すべてエルメックスーSPにおきかえるシステムです。
アラーム弁からの引き込管に、エルメックスーSPプレハブユニットのヘッダーをフランジ接続し、巻出しパイプを指定の位置で支持することで配管完了です。

作業効率の向上
  1. 工場でのプレ加工により、施工現場での作業時間を在来工法の約半分まで大幅短縮できます。
  2. 曲げ配管が可能で、狭小な天井内でも設置が容易です。
  3. 電気融着工法により、パイプと継手の接合が簡単になり、専門技術が必要ありません。

この工事で使われる製品
ポリエチレン管
エルメックス
エルメックス-SP
   
ページの先頭へ
Copyright (C) 2007 MITSUI KAGAKU SANSHI. All Rights Reserved.