三井化学産資株式会社
製品情報
ポリエチレン管 ジオシンセティックス グラウト材 防食材 住宅資材 シリカル
工事・工法種別 会社案内
トップページ製品情報ハイプレンフォーム類
住宅資材 メニュー
ノンロット
リマスター
ハイプレンハンディフォーム
製品情報一覧
ハイプレンフォーム(1液型エアゾール簡易発泡硬質ウレタンフォーム)

1液型エアゾールタイプの硬質ウレタンフォームで、空気中の湿気と反応し約2倍に発泡し、現場施工が短時間にできます。次世代省エネルギー基準により気密補助材として使われ、断熱、気密シール、保温、保冷、接着、固定材として活躍しています。
ノンフロンタイプで、ホルムアルデヒドを発散させる物質は一切使用せず、地球環境に配慮した製品です(F☆☆☆☆)。

ハイプレンフォーム

●ハイプレンフォーム スプレー
スプレーはもちろん、棒クリーム状でも使用できます。

●ハイプレンフォーム HD
フィルの高密度品で、きめ細かな気泡です。

●ハイプレンフォーム ガンフォーム
専用ガンを使用し、一定量の吐出が可能です。

特 長
  1. 他の断熱材より優れた断熱効果を発揮します。
  2. ほとんどの材質に強固に接着し、補修材・気密シール材として最適です。
  3. すき間への注入や複雑な面への吹付が簡単です。
  4. エアゾールタイプで誰でも簡単に使用でき、 硬化後のフォームはカッター等で削れ、仕上げが簡単です。
  5. 400ml缶1本で13リットルのフォームになります。750ml缶1本で約23〜26リットルのフォームになります。
この製品が使われている工事
断熱材の欠損部分の補修、小屋裏の断熱施工と欠損の補修、金物類の熱橋の防止、土台と断熱材の断熱補強、壁面の断熱・気密補強、天井部の断熱・気密補強等に最適です。
建築
断熱材
   
工事種別一覧

ハイプレン防蟻フォーム(1液型エアゾール簡易発泡硬質防蟻ウレタンフォーム)

防蟻成分を含有したエアゾールタイプの硬質ウレタンフォーム。次世代省エネルギー基準により気密補助材として使われ、断熱、気密シール、保温、保冷、接着、固定材として、現場施工が短時間にできて便利です。 ノンフロンタイプで、ホルムアルデヒドを発散させる物質は一切使用していない、地球環境に配慮した製品です(F☆☆☆☆)。


ハイプレン防蟻フォーム

特 長
  1. シロアリが防蟻フォームを食べることで殺虫効果を発揮。現場施工と同時に防蟻もでき、きめ細かな気泡で優れた断熱効果を発揮します。
  2. ほとんどの材質に強固に接着し、ひび割れ、すき間の深部への注入も容易なため、補修材・気密シールとして最適です。
  3. エアゾールタイプで誰でも簡単に使用でき、 硬化後のフォームはカッター等で削れ、仕上げが簡単です。
  4. 400ml缶1本で約13リットルのフォームになります。750ml缶1本で約23〜26リットルのフォームになります。
この製品が使われている工事
玄関周囲、ユニットバス取付部、外側配管周囲、基礎天端と断熱材(ボード)の隙間、基礎と配管周囲(補修)、基礎の立ち上がり(補修)等シロアリの被害を受けやすい部位に使用します。
建築
断熱材
   
工事種別一覧

 
ハイプレン弾性フォーム(1液型エアゾール簡易発泡硬質防蟻ウレタンフォーム)

1液型発泡硬質ポリウレタンフォームと比べ追随性、柔軟性、気密性、作業性が向上しました。


ハイプレン弾性フォーム

特 長
  1. 構造物の動き(木材の収縮等)に追従し、発泡体の接着面からの剥離や破壊がありません。
  2. 窓枠とサッシの隙間も柔軟に埋め、部材の経時変形に追従するので、窓枠の下地やサッシを傷めることがありません。
  3. 壁面において垂れがなく、保持性に優れています。
  4. 木の構造物に対してスチールやアルミ、塩ビ、各種断熱材、コンクリートなど材質が異なる面材を使用する場合にも強力な接着力を発揮します。

この製品が使われている工事

床・壁材の接着・固定やシーリング、線膨張の異なる箇所の隙間充填、窓枠サッシ周りの隙間充填など幅広く使われています。

建築
断熱材
   
工事種別一覧
 
ページの先頭へ
Copyright (C) 2007 MITSUI KAGAKU SANSHI. All Rights Reserved.